無料ブログはココログ

2016年8月20日 (土)

M社様の建設業許可がおりました!

先月申請したM社様の建設業許可申請ですが、昨日無事に許可が下りました。M社様おめでとうございますhappy01機械器具設置工事ということで、今年の2月に最初のご相談を受けてから半年ほどかかりましたが、何とか許可が下りてホッとしましたnote今後ともよろしくお願いいたしますsun

2016年7月27日 (水)

S社様の建設業許可が下りました!

先月申請しましたS社様の建設業許可が22日に無事下りましたsign01S社様おめでとうございますsunS社様社長はライセンスをお持ちでしたのでスムーズに申請ができました。専任技術者が実務経験の場合よりライセンスでの申請のほうが役所の対応も若干違うように感じますup(私が勝手にそう思っているだけかも知れませんがcoldsweats01)S社様今後ともよろしくお願いいたします。

2016年7月 8日 (金)

M社様の建設業許可の新規申請受付完了!

昨日はM社様の建設業許可申請に行って参りましたcar2月に初回のご相談をして、何度か役所とやりとりをしながら、何とか昨日受け付けていただきましたhappy01通常はこんなにかからないのですが、機械器具設置工事業の申請でしたので、かなり時間がかかりましたcoldsweats01M社様にもかなりの負担だったと思いますが何とか申請ができて良かったですok許可まで1か月程度かかりますが今しばらくお待ちくださいませclock
あと、今日はC社様の兵庫県の入札参加資格審査申請を行いました。追加受付ですので9月に名簿登録となる予定ですgood

2016年6月13日 (月)

S社様の建設業許可申請に行って参りました!

本日はS社様の建設業許可の新規申請のため東播磨県民局へ行って参りましたcar東播磨県民局での新規申請は初めてでしたが無事に受け付け完了となりましたhappy01許可が下りるのは7月末ごろになりそうですが、許可まで今しばらくお待ちくださいsign01

2016年6月 2日 (木)

改正後の経審に汗( ;∀;)

6月1日から新たな業種として解体工事業が追加され、経審の取り扱いも変更がありましたnew早速、今までとび・土工の業種で解体工事を行っていたF様の経審がありました。新たな要領を見ながら書類を作成し、ほぼ問題なかったですがやはり若干の修正がございましたcoldsweats01F様にご迷惑がかかる修正ではなかったのでほっとしましたが、窓口でもしばらくは混乱がありそうです。

2016年5月23日 (月)

K社様の建設業許可が下りました!

4月上旬に申請しましたK社様の建設業許可ですが5月20日に許可となりましたsunK社様おめでとうございますhappy01確定申告書に不備があったこと、営業所の契約書に少し問題があったことなどで少し遅くなりましたが無事に許可が下りて良かったです。K社様今後ともよろしくお願いいたしますshine

神戸市での建設業許可申請をお考えの方はこちらへ

2016年5月14日 (土)

F様の建設業許可がおりました!

4月1日に受け付けてもらいましたF様の建設業許可ですが、昨日無事におりましたsign01F様おめでとうございますhappy01経営経験の期間が微妙でしたが、F様の迅速なご対応でほぼ予定通りに許可が下りました。F様今後ともよろしくお願いいたしますtulip

神戸市での建設業許可申請をお考えの方はこちらへ

2016年2月21日 (日)

H社様の産業廃棄物収集運搬業の許可がおりました!

昨年の12月中旬に大阪府と兵庫県へ申請しましたH社様の産業廃棄物収集運搬業の許可が2月12日付で下りましたhappy01兵庫県はもう少しかかるようなことを受け付け時に言われましたが2か月ほどで下りてホッとしましたnote本来は11月には申請したかったのですが、業務が立て込んでしまい1か月ほど遅れてしまいH社様にはご迷惑をおかけいたしました。今後ともよろしくお願いいたしますfuji

神戸市での建設業許可申請をお考えの方はこちらへ

2016年2月 7日 (日)

H社様の建設業許可がおりました!

昨年12月の中旬に申請したH社様の建設業許可ですが1月29日に許可が下りましたhappy01通常であれば20日に許可が下りるパターンですが、やはり年末年始が入ったため9日遅れとなりましたsweat02計画より1か月遅れてしまい申し訳なく思いますが今後ともよろしくお願いいたしますsign01

神戸市での建設業許可申請をお考えの方はこちらへ

2016年1月17日 (日)

あの日を忘れない

今日で阪神淡路大震災から21年経ちました。震災を経験した私達には忘れることのできない日です。愚息は小学校で地震のことを勉強しているようですが、震災関連の行事は少なくなってきているようです。今後もさらに減っていくでしょうが、だからこそ震災を経験した私たちが日頃から次世代へ語り継いでいくことが大事なのだろうと思います。

«謹賀新年